正しいキノコの育て方?

子供が夏休みなので主人は家に置いてきて、私と子供たちだけで私の実家に長期間滞在してました。

その間、子供の学校の宿題である「あさがおのお世話」は主人が担当する事に。

毎朝、水をあげるだけなので簡単なお仕事です。

そう思っていたのですが……。

長期帰省から帰ってあさがおの様子を見てみると、土から2つほどキノコが生えてました……。

うわ、何か気持ち悪いぃぃぃぃ!
主人にどうやってお世話していたのか尋ねると「朝と夜に水をあげてた」と。

土が湿っているかどうかの確認もせずに毎日、朝と夜に水を大量にあげていたようです。

しかもここ数日、台風の影響で湿気が多く、蒸し暑かったのでキノコが育ちやすい環境が整ったのではないかという結論になりました。

あさがおは「まだまだ花を咲かせるぜ!」と言わんばかりに新しいツルをたくさん伸ばしているので根っこが腐っている様子は見受けられず。

むしろ健康状態はいいようです。

それにしても主人の、植物の育て方を知っているようには見えない大雑把ぶりに驚いてます。

土が乾いていたら水をあげる。
水をあげすぎたら根が腐る、くらい知ってるでしょ、普通。

主人の小学生時代のあさがおはどんな育ち方をしてたんだろうか。

同じようにキノコ生えたんですかね?