歯医者失格

先日、ふとした瞬間に歯の一部がポロッと取れてしまいました。
それまで痛みも違和感もなかった歯の内側が実は少しずつ虫歯を進行させていて空洞になっていたようです。
取れた歯の表面の中には大きな穴が開いていてびっくりし慌てて歯医者に行くことにしました。
特に行きつけの歯医者がなかったので最近出来た近所の歯医者に初めて行くことに決めました。
特に普通の歯医者の先生で虫歯をかぶせる詰め物を数日かけて作ってもらうことになりました。
詰め物が出来上がり実際その詰め物をはめてもらうところまでは特に何の問題もなかったのですが、そのあと「では、確認としてデンタルフロスを通してみます」とその先生。
詰め物をかぶせた歯とその隣の歯の間に男性のその先生の力で一生懸命フロスを通そうとしますが何度やってもフロスが通らないのです。
「あれ?この先生、詰め物の作成失敗した?」と少し不安になりましたが「どうやらフロスは入らないようですが、数日もすれば通るようになるので心配ありません」と先生に言われ安心し別にその先生に苦情を言うつもりもなくそのまま終わってもいいと思ってたのですが その後に言われた一言にビックリ。
自分の失敗を認めるどころかその先生は私に「どうせ、フロスなんか使いませんもんね?もし使ってたらこんな虫歯はできませんし…」。
ひどい。
歯医者は患者に歯磨きを励ます立場だと思ってたのですが まさかのセリフ。
この先、歯医者にお世話になることになってもこの歯科には絶対に来ないと心に決めました。