カテゴリー別アーカイブ: ファミリー日記

自分スイッチ。

人それぞれ自分に1日のスイッチがあると思います。

子育て中の私の1日のスイッチは化粧!化粧をすると気分的にも引き締まる気がして毎日絶対しています。

朝起きて朝ごはんを作り子供を起こしてご飯を食べさせている間に私は自分スイッチを入れます。

特に派手な化粧をするわけではないのですが、化粧をするしないでは1日のやる気が変わります。
なぜ、化粧がスイッチだと気付いたかというと、乳児期に自分の事より子供に追われ化粧をする事も面倒に思っていたのですが、何だか気分的にもダラダラとしてスッキリせず…体調が悪いのかな?なんて思った事もありました。

しばらくして子供も朝までゆっくり寝てくれるようになり、久々に化粧でもって軽い気持ちでしてみたら、何だなピシッとした気分に!それがきっかけで少しづつ化粧をするようになりました。

もちろん1日の終わりはお風呂に入る前に化粧を落とす事。
今日もお疲れ自分!と心で思いながらオフモードに。

きっと普段、当たり前にしている行動や習慣の中に自分スイッチがあるのかもしれないですね。
発見した時はこれかー!と自分でもビックリしましたが、今はその自分スイッチの化粧で元気な日々を過ごしています。

小さな子供が1人でポツンと公園遊び

近所の公園の横を通ると、正午過ぎのいつもは誰もいない時間帯に、3歳くらいの男の子が1人ポツンと遊んでいました。

なんだか気になって、
「ママは?」
と訪ねると、「一人で来た」といいます。
こんな小さい子を1人で遊びに出すなんて信じられないと思い、名前や家の場所を尋ねると、公園を眺められるマンションに住んでいたようです。
もし、上から見ていたとして、何かあった場合に、すぐには降りてこられないと思うし、大丈夫なのか心配になりました。
昔なら、サザエさんちのタラちゃんでも三輪車で勝手に遊びにいったり出来たと思うのですが、最近はどんな人がいるかわかりません。
誰も知らないうちに、さっと連れて行かれても目撃者もいない状況になると思います。

せめて小学生がたくさん遊んでいる夕方なら、小学生の目もあるので誘拐なんて物騒な事はないと思うのですが。

マンションや名前は聞きましたが、もし連れていってお節介と怒られても困りますし、結局そのまま1人にして帰ってきてしまいました。

また見かけるようなら、一度児童相談所に連絡してみようと思います。

お鍋会

先日、友人と無料コミュニケーションアプリLINEでお話してました。

そこで、友人から「また、お鍋会しよう」とお誘いがありました。

お鍋会とは、ただ仲の良い友人達と鍋をして食べれるだけ食べる会です。
ほんとそのまんまの会です。

前回は2週間程前に、もつ鍋をしました。
もつは嫌いな人もいるので、もつと豚肉を半分半分で投入して楽しみました。
それまでも、キムチ鍋やミルフィーユ鍋、ちゃんこ鍋などたくさんしました。

今回は、またもつ鍋です。
前回が始めてだったのですが、大好評だったようで、連続でもつ鍋に決定しました。

お鍋会は日曜日に決まりました。
運良くメンバーみんなアルバイトが夕方には終わるか一日何も予定がないという奇跡的なことが起こり開催に至ります。

メンバーは春からは就職で東海に残る子や東京や九州に配属が決まっている子もいるので、卒業の3月までしかできないのが辛いですが、楽しんでやっていきたいと思います。

思い出の人

この前、夕方ボーっとテレビを見ているとドラマ「ブザービート」の再放送がやっていた。

見た事ないし暇だしで何気なく見てみる。

お?おもしろい!!
夢を追いかけてる男女の恋愛物なんだけど、ふと2年前の今頃に別れた元カレを思い出した。

その彼とは学生からの付き合いで10年付き合ってたんだけど、彼バンドマンでね。
そろそろ年齢的に結婚も考えないといけないし、バンドで食って行きたかったみたいだけど、バンドも全然波にのらないしで諦めようとしてたみたい。

私は、そんな彼の夢を最初は「目標に向かって頑張ってる人って素敵だな」って思ってたんだけど、年齢が増すと「そろそろ現実見てくれないかな?」って思うようになってた。

口に出しては言ったら喧嘩になっちゃうから言わなかったけど、彼もきっと感じ取ってたんだろぉな。

結果バンド活動は諦めきれないし、私がいるとバンドに集中出来ないから別れたいと言われた。

私その彼の事大好きだったし、尊敬出来るし、アホみたいで子どもっぽくて一緒にいると笑いが耐えないような相手だったんだけど、きっとこの人とは結婚しても幸せにはなれないんたろうなって思ってたし、別れ話切り出されて頭真っ白になっちゃってそのまますんなり別れちゃった。

その後も俺やっぱ一緒じゃないと頑張れないかもとか、俺の決断は間違ってたかもと連絡がきたけど、話には答えず連絡も断って終わらせた。

彼のバンドへの熱意は本物だから、きっとまた同じ事が起こってただろうからね。

彼との思い出ってありすぎて、ふとした時に思い出すし、しばらくそれで病んじゃったけど、後悔はしてない!
多分すごい気合ってたし、一緒に成長してきた相棒だったけど、この先の見てる道が違ったんだから仕方ないよね。

その分彼が音楽で成功することを祈ってるんだ。

って思いふけって見てたら、感情移入しすぎて毎回号泣してドラマ見てしまった今日この頃でした。

もしもの話

もしも、宝くじで6億円が当たったら・・・?
先日、友人とカフェでこんな会話をしました。

私は、どう使うのでしょうか。
貯金でしょうか?車でしょうか?遊びほうけるでしょうか?
答えは、投資です。
しかし、投資と言ってもFXに全額入れたり、株をどかーんと買ってさらに儲けるなんてことは考えていません。

配当金が少なくても安定している会社に投資して、ずーっと配当金を貰い、株主優待を受けて、その他にも定期預金などで、細々とお金を増やして、将来の子供や孫に残してあげたいなと考えています。
なんせ、私自身、大金を払って豪遊したり、大きな買い物をしたりすることは似合わないので。
生活レベルも仕事もそれまで通り、過ごすでしょう。
まぁ、今は学生なので、アルバイトは辞めると思いますが。

もしもの話は、やり始めるときりがないですが、案外自分の性格や思考がまんま出てしまうので、おもしろいですね。

いつか実現するといいなーって思いながら、今日も細々と生きています。

さて、そろそろ寝ることにします。
おやすみなさいー

従姉妹の紹介

従姉妹は父方の方に21~22歳くらいと、高校3年生の姉妹が、
母方の方に高校1年生と中学2年生と小学4年生の姉妹がいます。

父方のほうの従姉妹とはわたしが中学くらいのころまでしか会ってませんが
会っていたころは祖父母の家でかくれんぼなんかをしてました。

部屋を暗くしてお化け屋敷ごっこなんかもしましたね。

もっともそれは小さいころで、ある程度大きくなってからは時々話す程度でしたが。

母方の方の従姉妹とは会う頻度が高いのと波長が合うのか
父方の方の従姉妹と比べて仲が良いです。

会うと最近は大抵う「Wii」をして遊んでます。

祖母とともにイオンに出かけることもよくあります。

次女は中学に上がると同時にやめてしまいましたが、
三人とも合気道をやっています。

最近は長女も大人になり、話が合うようになったので、
個人的に遊ぶ機会も増えました。

逆にマイペースな次女とはあまり会う機会がなくなりました。

三女はまだまだ子どもといった感じです。
可愛いです。

グリムリーパー

今、私のお気に入りの携帯小説。
魔法のiらんどで「ゆう」さんの作品。
グリムリーパーです。

グリムリーパーとはその名の通り「死神」。

このお話では「名のない職業」「戸籍上生きていない人」のお話です。
凄く引き込まれる作品だと思います。

あらすじ
必死で癌である母の入院費を稼ぐため、アルバイトをしている女の子。
疲れて家に帰ると。

そこには知らない人が。
目隠しをされて、「この事を誰かに話すと殺す」と言われる。

その数日後、喫茶店の仕事をしていると、何処かで聞いた声がするお客さん。
つい女の子は、声をかけてしまった。

「お前には死んでもらう」
「私には母がいます。
私が死んだら母も死ぬってことで、関係ない人まで殺してしまう」とのやり取りが。

そこで男は、監禁をして、母の死がくるまでの命だと約束をして、様子を見ながら面倒を見ることに。

そこから、女の子は色々な苦難を乗り越え、男とどのように関わっていくのか。
続きが気になって気になって仕方がない作品です。

水筒?タンブラー?ペットボトル?

暑さが厳しくなってきて、水分補給にかなり気を付けています。

私は常温の水が好きなので、いつもペットボトルにミネラルウォーターを入れてもちあるいているのですが、7割くらいの確立で忘れちゃうんです。

正確には、そのうち3割がペットボトルの洗い忘れで、あと3割が水を移し替えるのが面倒でやめちゃうんです。

ということは、洗いやすくて、水を移し替えやすいやつにすればいいのでは!?と思い、ちょっと探してみました。

本当にかわいい水筒が増えていて、どれも飲みやすそうで使いやすそうなんですが、やっぱり細すぎて洗いにくそうです。

もちろん専用のスポンジとかも売ってるんですが。

ということで、私的にはタンブラーかな!
スタバなどでよく見るタンブラー。
かぱっと蓋があいてコップのように洗えます。

ただ、デザインはまだ少ないのと、漏れそうなのが気になります…。

あと、ペットボトルの最悪捨てて帰れるっていうのは強みですよね。

ううーん、悩むなー!

正しいキノコの育て方?

子供が夏休みなので主人は家に置いてきて、私と子供たちだけで私の実家に長期間滞在してました。

その間、子供の学校の宿題である「あさがおのお世話」は主人が担当する事に。

毎朝、水をあげるだけなので簡単なお仕事です。

そう思っていたのですが……。

長期帰省から帰ってあさがおの様子を見てみると、土から2つほどキノコが生えてました……。

うわ、何か気持ち悪いぃぃぃぃ!
主人にどうやってお世話していたのか尋ねると「朝と夜に水をあげてた」と。

土が湿っているかどうかの確認もせずに毎日、朝と夜に水を大量にあげていたようです。

しかもここ数日、台風の影響で湿気が多く、蒸し暑かったのでキノコが育ちやすい環境が整ったのではないかという結論になりました。

あさがおは「まだまだ花を咲かせるぜ!」と言わんばかりに新しいツルをたくさん伸ばしているので根っこが腐っている様子は見受けられず。

むしろ健康状態はいいようです。

それにしても主人の、植物の育て方を知っているようには見えない大雑把ぶりに驚いてます。

土が乾いていたら水をあげる。
水をあげすぎたら根が腐る、くらい知ってるでしょ、普通。

主人の小学生時代のあさがおはどんな育ち方をしてたんだろうか。

同じようにキノコ生えたんですかね?

舞子体験

友達と京都で舞子体験をしました。

まずはメイク。

体験スタジオ専属のメイクさんが1から舞子メイクをしてくださるのですが、顔全体を真っ白に塗られた時は恥ずかしくて、友達と笑ってしまいました。

カツラは全カツラ(自分の髪をすっぽり隠すタイプ、おでこが狭く見える)と半カツラ(前髪は自毛を使用して馴染んで見える)から選べるのですが、自然に見える半カツラを選びました。

着付けでは、たくさんある着物の中から好きな物を選べました。
私は青系、友達は緑系を選んだのですが、スタッフの方に「渋い」と言われました。
普通はピンクや赤を選ぶ方が多いみたいです。

そして、撮影です。

カメラマンの方にポーズを取らされて、パシャリ。
何ポーズか撮られましたが、友達に見られているので、照れてしまいます。

その後は自由時間で、スマホやマイカメラで好きに撮影できました。

着物を普段着る事がほとんどないのですが、メイクして、カツラを付けて、それなりに舞子らしく見えるものですね。
楽しい体験ができました。